フェアウェイの広い北海道らしいゴルフ場

旭川国際カントリークラブ ハウス

大雪山国立公園に至る旭川と層雲峡を結ぶ国道39号線の中間に位置し、コースからは北海道の屋根大雪山連峰が眺望でき、眼下には石狩川の清流がある丘陵地帯に造成されたコースです。

北海道らしくフェアウェイが広く、樹木でセパレートされたコースは、設計者 安田幸吉氏の傑作の一つとなっています。同ゴルフコース一帯(蓮菜山)は禁猟保護区になっています。

お知らせ

2月13日
ゴルファーの皆様お元気でしょうか?
早いもので、2024年になりもう1ヶ月半が過ぎました。
当クラブも、2月12日に1回目の融雪剤散布を行い、出来るだけ早いオープンを目指し奮闘中です。
本年もたくさんの企画を準備し皆様のお越しをお待ちしております。

ゴルフ場基本情報

コース所在地 〒078-1413
旭川国際カントリークラブ
北海道上川郡愛別町字伏古
TEL:(01658)6-5211, FAX:(01658)6-5214
理事長 吉田 昌弘
支配人 佐藤 剛
グリーンキーパー 寺本 敏明
開場年月日 昭和40年9月5日
コース設計 安田 幸吉
コースタイプ 丘陵コース
会員数 1,183名
(うち法人119社)
年会費 2万7,500円
(名義変更料5万5,000円)